すずめのこと

最近、会社に新しいスタッフが入りました。
その方も人間以外の生き物に温かい気持ちを持っておられます。
特に鳥さんのことが好きなそうで、中でも寒い季節のスズメが心配だそうです。

私の住んでいる吹田市は冬のこの時期になるあたりから、公園など市の所有地の樹木の選定とともに
雑草と呼ばれる草も刈り取っていきます。

この刈り取られる草の中に、スズメさんたちの貴重な冬場のご飯があるそうです。

それでなくても冬場はご飯が少なくなります。
そのため冬はたくさんのスズメが死んでしまうそうです😢
そういえば、お正月のお飾りについている稲穂も
あっという間に食べられてしまいませんか?

どうやって食べているの??
と思っていましたが、このことからも必死に食べ物を探しているんだなぁと感じます。

全部とは言わないけど、どこか一部だけでもスズメのえさ場として
草を残すこととかはできないのかしら?

夏は刈っても仕方ないからなんだろうけど、草ボーボーの時期もあるんだから
冬も誰かの役に立つなら残しておいてあげてよ!と思う私です。。。



ちなみに公園などでパンをあげている人を見かけることもありますが
スズメに関して言えば、パンは素嚢にべったり張り付いてしまい排出されなくなり
命を奪うこともあるそうです。

この記事へのコメント

ブログランキングに参加しています。ぽちっと一押しよろしくお願いいたします。 にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村